記事一覧

キングセイコーから新作2モデル登場

その誕生は1961 年。当時の国産高級スーパーコピー時計市場を牽引し、2022 年2 月に復活し、話題を呼んだ<キングセイコー>から、“The Newest Classic” を体現する2 機種が発売に。「“KSK” 復刻デザイン限定モデル」は、全国のセイコーウオッチサロンにて世界限定1,700 本で発売。亀戸天神の藤波にインスパイアを受けた「スペシャルエディションモデル」は、全世界のセイコーブティックにて発売される。

<1965 年発売の2 代目キングセイコー“KSK”>キングセイコー誕生から4 年後の1965 年、“KSK” と呼ばれる2 代目キングセイコーが誕生。1961 年に発売された初代モデルにはなかった防水性能や、秒針を止めて時刻合わせができる秒針規制装置を備え、実用的な進化が高く評価された。無駄のないダイヤルレイアウト、エッジを際立たせたシャープなケーススタイリングやボックス型のガラス形状など、キングセイコーデザインのオリジナリティを確立したモデルだ。


オリジナルを忠実に再現しつつ、エレガンスを加味「”KSK” 復刻デザイン限定モデル」

シャンパンシルバーの文字盤、多面カットが施されたインデックスとシャープな形状の針にはイエローゴールドカラーを採用し、華やかさを演出。オリジナルモデル同様、歪みのない鏡面仕上げが施されたケースは、エッジが際立つシャープな形状が特徴的。当時のアクリルガラスのシルエットを、より広い見切りで再現すべく開発されたボックス型サファイアガラスには、内面無反射コーティングが施され、どの角度から見ても高い視認性を実現している。

裏蓋には、キングセイコーの「盾」をモチーフとしたブランドマークがあしらわれたイエローゴールドカラーのメダリオンが施されている。

また、リューズの繊細なセイコーロゴと防水仕様の証であった「W」のマーク、美錠のセイコーロゴなど、随所に“KSK” の意匠が再現されている。

“KSK” のオリジナルモデルが手巻式だったのに対し、本作ではセイコーの現行機種において最も薄い自動巻きキャリバー6L35 を採用。オリジナルモデルに対し、わずか0.5mm の差に抑えたケース厚11.4mm というスリムなフォルムを実現しており、装着感も抜群だ。


東京・亀戸天神の”藤波”を表現した「スペシャルエディション」

キングセイコーは、かつて東京・亀戸に存在したセイコーの機械式時計工場で誕生した。当時の工場近くに今も佇む1662 年創建の亀戸天神社は、春になると見事な藤の花が咲き誇り、その藤棚は江戸時代の浮世絵にも描き残され、今も多くの人々に親しまれている。新作では、藤の美しさを表現した柔らかな紫色のダイヤルに放射仕上げを施し、繊細なグラデーションを加える事で、亀戸天神社の藤波 (風で波のように揺れ動く藤の花)を表現している。

1965 年に発売された2 代目キングセイコー“KSK” のデザインを受け継ぐ本作は、鋭い輝きを放つ多面カットを施した立体的なインデックスと、堂々とした太く長い針により、優れた視認性を実現。12 時位置のインデックスは、“KSK” から受け継いだユニークな形状で、天面に施されたライターカットのきらめきが特徴的。内面無反射コーティングが施された、クラシックなボックス型形状のサファイアガラスにより高い視認性を誇る。1960 年代のキングセイコーをオマージュしたフラットな多列ブレスレットは、鏡面とヘアラインに磨き分けされた多面構成の形状により、抜群の装着感。搭載するキャリバー「6R31」は、カレンダー機能を省く事でオリジナルの“KSK” と同様、ダイヤルの端正な美しさが際立つ意匠に。さらに、コンパクトな自動巻き機構と約70 時間のロングパワーリザーブ性能を備え、現代のライフスタイルにふさわしい仕上がりとなっている。

「スペシャルエディション」には、ダイヤルと響き合うパープルカラーのステッチを施したライトグレーのカーフ製ストラップが付属する。


【関連記事】:ルイヴィトン オンザゴーpm 偽物 見分け方

COMMENT

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー