Home板金工程一例

板金工程

板金工程の一例をご紹介します。

へこみのできた車がきれいに直るまで

修正前

右Rrドアの板金です。

凹みが何箇所かあり、プレスラインが崩れてしまっています。

 

 

 

修正スタート

凹みを修復するにはハンマーなどを使うハンマリングや、ワッシャーなどを溶接して鉄板を引き出す方法などがあり、一番良い方法を考えます。

 

 

 

ととのえ

ある程度鉄板を引き出し、ラインなども整えておきます。

 

 

 

 

パテ

数種類あるパテを使い分け、歪んだ鉄板を“成型”していきます。

 

 

 

 

パテの繰り返し

納得がいくまで何度もパテをつけては削りを繰り返します。

傷をつけたくないパネルはテープで保護します。

 

 

 

下地塗装

納得できたらサフェーサー(下地塗料)を塗ります。

サフェーサーとは、「サビ止め効果」や、「密着性」など大変重要な役割をしています。

 

 

 

マスキング

サフェーサーをペーパーで研ぎ塗装‘しない’部分をマスキング(養生)してこれから塗装をしていきます。

 

 

 

 

下地染め

一度に塗るのではなく、何度かに分けて下地を染めていきます。

 

 

 

 

クリアー

最後の仕上げにクリアーを塗装します。

当方では、最上クラスのつや、膜圧が出る2:1のクリアーを使っています。

 

 

 

乾燥

ヒーターでクリアーを乾燥させます。

そうすることにより、本来のクリアーの硬さを引き出すことができ、キズなどがつきにくくなります。

 

 

 

ポリッシャー

乾燥後、数種類あるコンパウト使いポリッシャーにて磨きをして、最上級の「艶」をだします。

 

 

 

 

洗車後

最後に洗車をしてお客様に納車します。

余談ですが、お客様に「どこをぶつけたか分からないな!」といってもらえました(^0^)/

 

 

 

ページトップへ
Copyright (C) The Earth Factory2010 All Rights Reserved.